野良猫の維持について。ライフを感じるという面☆

今日も来てくれました〜野良猫のコジママちゃん!(勝手に命名)本日も甘えた考えで食事をおねだり。可愛らしいなぁ。今日慣れてきたけど、さすがにマンションにはまだ入らないよな?と思いつつ、窓辺に食事を置いてみた。すると、誠に…!上がってきたよ〜!あぁ〜超意気ごみ。よくここまで慣れてくれたなぁ。食事も母乳も完食。素晴らしいお子さんです〜ひっそり手を伸ばして見る。フ、ふんわり〜!初ナデナデに成就。これから本気家の子にしちゃいたい。
前に見かけた時は、養育をしていたけど…子供たちは生きてるのかな…。最近は思う存分マンションの庭園に掛かることが多いから、とっくに生きてない見通し、大きいよね。保護したい。でも、仮に依然としてきちんと養育をしていたら…?そんなに考えると、躊躇してしまう。
だけど、お外はずいぶんリスキー。目の前にある生だけでも救いたい。今どきお別れしたら、もしや今や会えないかもしれない。以前のあのお子さんの頃みたいに、悔いしたくない。お気に入りだったあのお子さん。車種にひかれてしまった。
建物にはいまや猫4匹もいるし、金銭的にも強い。だけど、案の定放っておけないよ〜。なんて言ったって、こんなにもかわいいだし!←メロメロ(笑)
今どき男性が帰ってきたら、とことん話し合おう。…といっても、身よりもメロメロで、保護したい気持ち満々の男性(笑)やっとどうしてなることやら(‘ω’)
生を練り上げるって、果たして大変なことだよね。だけど、それ以上に幸せな事だと、身はおもう。キャッシング 金利0