今年も幼稚園の願書受付が始まり、ふと息子の願書受付のことを思い出しました

幼稚園の願書受付が始まりました。我が家は今年は入園する年齢の子がいないので関係ないのですが、去年は息子をどの幼稚園に入れるかいろいろな幼稚園に行って資料を取ってきたことを思い出します。

去年は住んでいる賃貸物件の更新になるのを機に引越すことを考えていたので、引越先の近くの幼稚園にしようと複数の幼稚園に行き、話を聞いたりしました。それと同時に賃貸物件もいろいろ探し、自分たちに丁度いい物件があったので契約しようとしたとき、夫と本当に引越すのか、引越していいのか話し合いをしました。
住んでいる物件はちょっと駅から遠くて家賃も高いし、更新の年になったので、少しでも駅近で家賃が安いところにしようと探したら、すべての条件を満たす物件に出会えました。
ここで引越した場合の敷金や引越代金を追加しても、引越した方が今住んでいる物件よりもコストが下がることがわかったのですが、2年前この物件に引越すときに息子を夫の両親に預けたところ、ノロウィルスにかかってしまい息子はもちろん、夫の両親や私たち夫婦もノロウィルスにかかって苦しんだ経緯があるので、息子を預けることに抵抗を感じ、また今度は娘が産まれたので、娘に何かあったら困るという理由で、気が進まないことを話したら、夫は納得して結局引越すことを諦め、幼稚園は自宅近くのところにしました。

願書受付日、たまたま夫の仕事がシフトで遅い時間に出勤する日だったので、幼い娘と夫を連れて家族で幼稚園に行き、願書提出と面接を受けて晴れて入園することができました。
娘が幼稚園に入園するときには、このようなゴタゴタした日々を過ごさないようにしたいものです。アリシア スムース ビューティー 違い